医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【大日本住友製薬】3200億円で英社と戦略的提携-「ラツーダ」対策へ過去最大投資

【大日本住友製薬】3200億円で英社と戦略的提携-「ラツーダ」対策へ過去最大投資

読了時間:約 2分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月09日 PM03:00

大日本住友製薬は6日、英ロイバントサイエンスの創薬技術や子会社5社の株式を取得する戦略的提携の基本合意を、同社と締結したと発表した。10月末をメドに正式契約を締結する予定で、取得金額は約3200億円程度になる見込み。子会社が開発中の婦人科、泌尿器科、小児希少疾患、呼吸器系希少疾患などの医薬品を獲得するのが狙いの一つ。全売上の約4割を占め、収益の柱である非定型抗精神病薬「」の北米での独占販売期間が2023年2月に終了するため、ポスト・ラツーダ対策が大きな経営課題となっていたが、今回の提携で課題を解決できると判断。過去最大となる巨額資金を投じて戦略的提携に踏み切った格好だ。

課題解決に自信を示す野村氏

■開発品と創薬技術を獲得

大日本住友は、ロイバントから子会社5社の株式を取得するほか、独創的な創薬技術やヘルスケアIT技術に長けた人材を獲得する。戦略的な提携関係を強固にするため、ロイバントの株式の10%以上を取得する見通し。対価として、同社にとって過去最大の投資規模となる約3200億円を支払う見込みだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】後発品を基礎薬に指定を-要件見直しに慎重意見多く
  • 【中医協】病棟加算の施設基準緩和へ-常勤1人も可、中小に配慮
  • 【愛知県薬】非薬剤師向け研修会開催-事務職など150人が受講
  • 【医療薬学会】改正薬機法対応で新認定制度-「地域薬学ケア専門薬剤師」設立
  • 【財務省】診療報酬、マイナス改定不可欠-調剤料「大胆に縮減すべき」