医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【安全対策調査会】BCGワクチンにヒ素検出-今月中に新製品へ切り替え

【安全対策調査会】BCGワクチンにヒ素検出-今月中に新製品へ切り替え

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月09日 AM10:30


■安全対策調査会が方針

薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は5日、日本ビーシージーが製造販売する「」の生理食塩液に、規格値を上回る量のヒ素が検出されたことを受け、今月中~下旬以降の出荷分から新製品への切り替えや交換を行うことなどを同社に求める方針を取りまとめた。生理食塩液の容器であるアンプルに含まれるヒ素が密封する過程で混入したことが原因としているが、安全性に問題はないという。情報不足による混乱を避けるため、製品交換などの対応策を医療機関や自治体などに速やかに周知するよう求めている。

結核予防に使用される乾燥BCGワクチンをめぐっては8月9日、同社が厚労省に対し、添付溶剤の生理食塩液に含まれるヒ素濃度が日本薬局方の規格値である0.1ppm以下を上回る0.11~0.26ppmとなり、不適合だったことを報告した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府】共同購入の枠組み参加-コロナワクチン、15日付で
  • 菅新内閣がスタート-田村厚労相は再登板
  • 【日本学術会議が提言】患者情報把握できる環境を-薬局での薬学的管理に必須
  • 【日薬調査】大学主導の実習連携不十分-わずか3割、課題浮き彫りに
  • 製薬大手9社、コロナワクチンで共同声明-被験者安全が最優先事項