医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 非ペプチド型経口GLP-1受容体作動薬OWL833のライセンス契約を締結-中外とイーライリリー

非ペプチド型経口GLP-1受容体作動薬OWL833のライセンス契約を締結-中外とイーライリリー

読了時間:約 45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月01日 AM11:30

中外が創製した2型糖尿病の治療薬

中外製薬株式会社と米イーライリリー社は9月27日、非ペプチド型経口GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)受容体作動薬「」に関するライセンス契約を締結したことを発表した。

OWL833は中外製薬により創製された2型糖尿病の治療薬。今後、イーライリリーによって第1相臨床試験が開始される予定。

全世界の開発権および販売権をイーライリリーが取得

今回の契約により、イーライリリーはOWL833に関する全世界の開発権および販売権を取得。中外製薬はイーライリリーより5000万米ドルの契約一時金を受け取り、今後の開発の進捗度合いに応じて追加の支払いを受け取ることになる。また、上市後には、中外製薬はさらに売上額に応じたロイヤルティを受け取る。

同契約による中外製薬の2018年12月期業績予想の変更はない。また、契約は米国会計基準()に基づいたイーライリリーの業績および業績予想に反映されることになるが、通常の取引完了条件を満たすことが条件。同契約による、2018年度のイーライリリーの非GAAPによる1株当たり利益()予想に変更が生じることはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ニボルマブ、治療中止後20週以上影響持続の可能性-阪大
  • Emgality、成人の片頭痛予防治療の適応でFDAの承認取得-米リリー
  • エクルーシス試薬 ビタミンDトータルII、原発性骨粗しょう症で保険適用-ロシュD
  • アドセトリス、CD30発現末梢性T細胞リンパ腫の一次治療でPFSを有意に改善-武田薬品
  • ロキサデュスタット、透析期のCKDに伴う貧血の治療薬として承認申請-アステラスら