医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【アルトマーク調査】地域支援体制加算、1万5000薬局が算定-基本料1以外はハードル高く

【アルトマーク調査】地域支援体制加算、1万5000薬局が算定-基本料1以外はハードル高く

読了時間:約 2分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月10日 AM10:00

2018年度調剤報酬改定で新設された「」を算定する薬局が全国で1万5012軒あることが、日本アルトマークの調査で明らかになった。今年6月1日時点で保険薬局全体の25.1%と4分の1に上った。薬局数に対する算定割合は、奈良県が41.0%と最も高く、次いで長野県40.2%となった。地域支援体制加算の算定があった薬局の調剤基本料は、全体の99.8%が調剤基本料1を算定していることが分かった。同社は「1以外の薬局では(地域支援体制加算の算定は)ハードルが高いと推測できる」と分析している。

同社は、18年度調剤報酬改定で「基準調剤加算」が廃止され、それに代わる「地域支援体制加算」が新設されたことを踏まえ、今年6月1日時点の全国の保険薬局における算定状況を調査した。その結果、地域支援体制加算を算定していた薬局は全国で1万5012軒であることが分かった。保険薬局全体の25.1%と4分の1に上った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】遠隔服薬指導に厳しい意見-医師委員「留意点の整理を」
  • 【厚労省】後発品264品目を薬価収載-初後発にブロナンセリンなど
  • 【特許庁】大日本住友が免疫増強で9位-癌免疫療法の特許出願件数
  • 【東京都】後発品促進協議会が初会合−20年度にロードマップ策定
  • 【アルフレッサ子会社】調剤報酬を虚偽報告-不正請求の返還額減らす