医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬協研究開発委員会】天然物創薬コンソーシアム、アジア発創薬へ秋に始動

【製薬協研究開発委員会】天然物創薬コンソーシアム、アジア発創薬へ秋に始動

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月30日 AM10:15

(製薬協)は、アジアの創薬力向上を目的に、)創薬連携ワーキンググループと連携し、今年秋に「」をタイで立ち上げる。日本・タイ・台湾・マレーシアが参加し、各国の大学・研究機関の天然物ライブラリーをタイの天然物スクリーニングセンターに集約させ、そこに日本の製薬協加盟社もアクセスできる枠組みを目指す。上野裕明委員長(田辺三菱製薬常務・創薬本部長)は26日、都内で会見し、「アジアが有する天然物ライブラリーをいかに創薬につなげるかという共同研究の促進につなげる」と語った。

上野委員長

国内では、多くの企業が天然物を活用した創薬を実施していたが、経営的な判断から撤退する企業も相次いでおり、海外との協業を模索する企業も見られたが、日本も批准している国際条約である「生物多様性条約」を遵守しなければいけない等の課題があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【臨床腫瘍学会】CSTD使用、投与時も必要-国内外指針や基準で明記
  • 【参院選】本田顕子氏が初当選-「薬剤師の地位向上に努力」
  • 【上田薬剤師会】非薬剤師業務、研修計画を策定-厚労省通知受け、8月実施
  • 【熊本機能病院薬剤部】中規模病院でフォーミュラリー-同効薬を推奨、医師が選びやすく
  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要