医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【アイン薬局】遠隔服薬指導のデモ公開-離れた場所から患者に説明

【アイン薬局】遠隔服薬指導のデモ公開-離れた場所から患者に説明

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月13日 AM10:15

インターネットやテレビなどの情報通信機器を用いたオンライン服薬指導事業が全国で初めて愛知県の国家戦略特区で始まった。11日には、登録認定を受けた稲沢市のアイン薬局稲沢店とオンライン診療を行う岡崎市の「りゅう市役所北内科・リハビリ科」をつなぐデモンストレーションが公開された。既にアイン薬局稲沢店では、1例目の遠隔服薬指導を5日に実施済み。対応した薬剤師の黒木麗さんは「対面とほとんど同じでやりにくさはなかった。患者さんの顔をしっかり見ることができて安心」と感想を語っている。

薬を画面向こうの患者に示しながら服薬指導を行う

オンライン服薬指導は、タブレット等を通じて画面上で医師の診察を受けた患者に対し、「特定処方箋」を郵送で薬局に送付。特定処方箋を受け取った薬局は患者と電子メールや電話で服薬指導の日時を決め、予約日に患者と薬局の薬剤師がログインし、映像や音声を確認してから服薬指導を実施するというもの。調剤した薬は原則、当日中に配送手配を行い、患者が受け取ったかどうか伝票番号等で確認。銀行振込など予め取り決めた方法で会計を終える。

タブレットの画面で処方された薬を確認し、薬剤師から説明を受ける
  • タブレットの画面で処方された薬を確認し、薬剤師から説明を受ける
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論