医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医療機能評価機構】徐放剤を粉砕し血圧急低下-薬剤師関与ない状況で発生

【医療機能評価機構】徐放剤を粉砕し血圧急低下-薬剤師関与ない状況で発生

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月06日 AM10:30

日本医療機能評価機構は、2018年1月~3月の医療事故情報を分析した報告書をまとめ公表した。その中で、カルシウム拮抗薬の徐放性製剤「ニフェジピンCR錠」を粉砕し、胃管から投与したところ、血圧低下を来した事例が報告されたことから、錠剤の粉砕に関連した3事例を分析。いずれも薬剤師の関与が難しい状況で投与が行われており、誤った投与方法を防げなかったことが明らかになった。同機構は、薬を処方する医師や投与する看護師は、有効成分の放出を調節した薬の存在を知っておくことが重要と注意喚起している。

今回、報告書の分析対象期間(1~3月)に徐放性製剤の「ニフェジピンCR錠」を粉砕し、胃管から投与したところ、血圧低下を来した事例が報告されたことから、同事例を過去に遡って検索し、錠剤の粉砕に関連した事例について分析が行われた。報告件数は、12年1月から今年3月までに報告された医療事故情報のうち、錠剤の粉砕の関連事例は3件あり、全て徐放性製剤を粉砕して投与した事例だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【京都薬大/星薬大/明治薬大】教育の改良、3大学連携で-複合的な課題解決能力を養成
  • 【厚労省】遠隔指導でも薬歴料算定可-薬が届いた後の確認等要件に
  • 【西日本豪雨・厚労省まとめ】浸水被害209薬局に増加-MPも広島・岡山で活動開始
  • 【協和病院、東大ら共同研究】単剤化達成で高い費用対効果-統合失調症治療の病棟業務で
  • 【厚労省まとめ】西日本豪雨、浸水被害192薬局に-医薬品供給体制は支障なし