医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > HIV治療薬「アイセントレス錠600mg」が承認取得-MSD

HIV治療薬「アイセントレス錠600mg」が承認取得-MSD

読了時間:約 1分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月16日 AM11:30

HIV治療薬として使用される世界初のインテグラーゼ阻害剤

MSD株式会社は5月14日、ヒト免疫不全ウイルス()インテグラーゼ阻害剤「(R)錠600mg」(一般名:ラルテグラビルカリウム)に関し、「HIV感染症」の効能・効果で、製造販売承認を取得したと発表した。

HIV感染症は、HIVがCD4陽性リンパ球などの免疫担当細胞に感染することで免疫系が徐々に破壊され、(免疫不全状態)を発症する進行性の疾患。日本のHIV感染者の新規報告件数は、2008年に1,126件のピークに達した後も毎年1,000件以上あり、エイズ患者の新規報告件数も毎年400件以上となっている。

ラルテグラビルカリウムは、世界初のHIVインテグラーゼ阻害剤であり、2008年6月に日本で承認された。以降、HIV感染症の治療薬「アイセントレス錠400mg」の製品名で、成人に対して1日2回(1回1錠)の経口投与の用法・用量で使用されている。今回の承認は、新たな製剤である600mg錠の、1日1回(1回2錠)の経口投与の用法・用量となる。

服薬負担の軽減や、服薬アドヒアランスの向上に貢献

HIVインテグラーゼは、HIVウイルスの複製段階において、HIVのDNAが宿主のDNAに組み込まれる過程を触媒する酵素。ラルテグラビルカリウムはHIVインテグラーゼを阻害することにより、HIVウイルスの新たな複製を抑制する。

アイセントレス錠600mgは、アイセントレス錠400mgと同様に食事の有無に関わらず投与することが可能。さらに1日1回投与という利便性により、患者の服薬負担の軽減や服薬アドヒアランスの向上への貢献が期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • SGLT2阻害薬による腎保護効果は尿細管が標的か-旭川医大ら
  • レンボレキサント、不眠障害のP3試験で主要評価項目・副次評価項目を達成-エーザイ
  • キザルチニブ、FLT3-ITD変異を有する再発または難治性の急性骨髄性白血病で申請-第一三共
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎関連疾患のP3試験で再発リスクを62%減少-中外製薬
  • ニボルマブ、治療中止後20週以上影響持続の可能性-阪大