医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】サリドマイド管理手順改訂へ-回収困難時、薬剤師に返却不要

【厚労省】サリドマイド管理手順改訂へ-回収困難時、薬剤師に返却不要

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月09日 AM10:20

厚生労働省は5日、強い催奇形性を有する多発性骨髄腫治療薬のサリドマイドと類薬のレナリドミド、ポマリドミドについて、胎児への曝露防止を目的とした安全管理手順の改訂案を「・レナリドミドの安全管理に関する検討会」に示し、概ね了承された。患者の死亡などにより、薬剤の回収が難しい場合は薬剤師に返却しなくてもよいことなどを追記する。6月の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会で審議後、今夏をメドに改訂を行う方針だ。

改訂内容について意見交換した検討会

サリドマイドなどの薬剤では、患者の妊娠回避を徹底するため、安全管理手順の実施を義務づけている。改訂案では、薬剤管理を行う薬剤管理者を設置していない患者について、高齢化などで管理が難しくなったケースへの対応を記載していないことから、家族や親戚などのうち同剤のリスクに関する知識を持つ人を薬剤管理者に設置できることを追記した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論