医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】「ネキシウム」に特例再算定-用法変更でPD1抗体も引下げ

【厚労省】「ネキシウム」に特例再算定-用法変更でPD1抗体も引下げ

読了時間:約 2分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月19日 AM10:30

厚生労働省は17日、2018年度薬価制度改革で年間販売額が大きい品目の薬価を引き下げる「」の適用品目を中央社会保険医療協議会総会に示し、了承された。年間販売額が1000億円以上の品目に適用される「」ルールは、アストラゼネカのプロトンポンプ阻害剤「」と類似品である武田薬品の「」の2成分4品目が対象となった。市場拡大再算定は大日本住友製薬の抗パーキンソン剤「トレリーフ」など9成分18品目、効能追加による用法用量変化再算定は、小野薬品の「」など3成分5品目に適用され、多くの品目で薬価が引き下げられることになった。

特例拡大再算定は、年間の売上高が1000億円以上1500億円以下で、予想販売額の1.5倍を超えた品目の薬価を最大25%引き下げ、年間売上高が1500億円以上で予想販売額の1.3倍以上の品目は最大で50%の薬価を引き下げるルール。「ネキシウム」は、年間売上高が1000億円を超え、予想販売額の1.5倍以上に拡大したことから適用され、「ネキシウム」を比較薬の一つとして薬価算定した類似品の「タケキャブ」も対象となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案