医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省・制度部会】地域でのプレアボイドなど、薬局機能情報提供制度に追加-かかりつけ機能を把握

【厚労省・制度部会】地域でのプレアボイドなど、薬局機能情報提供制度に追加-かかりつけ機能を把握

読了時間:約 2分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月26日 AM10:15

厚生労働省は、22日の厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会に、・薬局にかかる取り組みの評価(案)を示した。都道府県がインターネットなどで地域の薬局機能を公表する「」の仕組みに、「地域におけるプレアボイドの取り組み」や「地域医療情報連携ネットワークへの参加の有無」などの項目を新たに追加することとした。また、薬局における薬剤師不在時の一般用医薬品販売の要件も提示。薬局外で業務を行う際には、管理薬剤師に電話で連絡が取れてすぐに戻れるような体制を求めたり、薬局を不在にする時間の長さに一定の条件を設けることなどを示した。

厚労省は既に、薬局機能情報提供制度に追加するものとして、▽患者の服薬情報の一元的・継続的把握のために、電子版お薬手帳や電子薬歴システムなどICTを導入している薬局数▽在宅業務を過去1年間に平均月1回以上実施した薬局数▽健康サポート薬局研修を修了した薬剤師を配置しており、その薬剤師が地域ケア会議等、地域の医療・介護関係の他職種と連携する会議に出席している薬局数▽医師に対して患者の服薬情報を示す文書を過去1年間に平均月1回提供した実績がある薬局数――の4項目を示し、毎年、全国集計して「全項目が前年度に比べて増加する」ことを目標に掲げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起