医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ミトコンドリア病MELASに対するEPI-743の臨床研究を開始

ミトコンドリア病MELASに対するEPI-743の臨床研究を開始

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月14日 PM09:30

ミトコンドリア病MELAS

国立精神・神経医療研究センターは米国・エジソン社が開発したミトコンドリア病試験剤「EPI-743」のMELAS(メラス)への有効性を調べる臨床研究を開始する。

(Wikiペディアを利用)

ミトコンドリアは細胞小器官の一つで細胞機能の維持に必要なエネルギーを産生する。その働きが低下して起こる病気の総称がミトコンドリア病で、どの細胞にも起きる可能性がありさまざまな症状が出現する。けいれん、脳卒中、精神症状、低身長、難聴など、特にエネルギーが必要な神経、筋、心臓に現れやすいとされる。

ミトコンドリア病で小児・成人とも病型が最も多いのがMELASで、脳卒中様の症状を呈する。脳の症状に加えて筋肉・心臓・ホルモンなどの症状を合併する。診断は難しく、診断基準は確定していない。推定患者数が英国・フィンランドで10万人に4~6人、日本では約500~800人とされる。

治療の試み

ミトコンドリア病の治療にはミトコンドリアの機能を回復させる治療薬が試みられている。MELASは脳卒中発作から症状が重篤化しやすく発作の予防が重視されてきた。血管を拡張させるアルギニンは保険承認の申請を予定している。タウリンは大量投与で7年間発作がなくなったという症例があり、医師主導による治験がまもなく開始する。

酸化ストレスを除去することにより効果を発揮するEPI-743は、エネルギー産生の経路にあるタンパク質NADH-キノン酸化還元酵素の働きを高めると期待される。またミトコンドリア病の一種である、リー脳症に有効だったことが欧米で報告されている。今回の臨床研究ではEPI-743のMELASへの適応、日本人におけるEPI-743の薬物動態、MELASの臨床症状への効果を調べる。臨床研究の期間は2013年8月から2014年3月までを予定している。(馬野鈴草)

▼外部リンク

国立精神・神経医療研究センター
http://www.ncnp.go.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています

腸内細菌は肥満を防ぐ - QLifePro 医療ニュース

腸内細菌は肥満を防ぐ - QLifePro 医療ニュース

GPR41の活性化がエネルギー恒常性を維持する京都大学などの共同研究グループは腸内細菌が脂肪の蓄積を抑制し、肥満を防ぐ機能をもつことを明らかにした。  食事のエネルギー摂取は余分なエネルギーを脂肪として体内に蓄え、不足時に有効利用する。

東京医科歯科大ら 赤血球からミトコンドリアが除去されるメカニズムを解明 - QLifePro 医療ニュース

東京医科歯科大ら 赤血球からミトコンドリアが除去されるメカニズムを解明 - QLifePro 医療ニュース

新しいタイプのオートファジーが関与東京医科歯科大学は6月3日、同大難治疾患研究所の清水重臣教授と本田真也助教授の研究グループが愛媛大学との共同研究により、赤血球からミトコンドリアが除去されるメカニズムを解明したと発表した。このメカニズムには、新しいタイプのオートファジーが関わっているという。

アステラス 米バイテク企業とミトコンドリア関連疾患研究で提携 - QLifePro 医療ニュース

アステラス 米バイテク企業とミトコンドリア関連疾患研究で提携 - QLifePro 医療ニュース

著名な科学者が創立した米マイトカイン社と提携アステラス製薬株式会社は、米国バイオテクノロジー企業マイトカイン社と、ミトコンドリア関連疾患領域における共同研究・開発に関する独占的提携契約を締結したと発表した。(画像はwikiメディアより引用)ミトコンドリア関連疾患の研究蓄積が背景契約締結の背景には、近年のミトコンドリア機能やその分子機構、ミトコンドリアの様々な疾患への関与などの知見が蓄積し、ミトコンドリア創薬に取り組む環境が整ってきたことがある。

造血幹細胞を体外で維持する新手法を開発、白血病などの治療法、治療薬に新たな可能性 - QLifePro 医療ニュース

造血幹細胞を体外で維持する新手法を開発、白血病などの治療法、治療薬に新たな可能性 - QLifePro 医療ニュース

造血幹細胞のエネルギー産生法は解糖系慶應義塾大学などの研究グループが血液を造る幹細胞を体外で維持する新手法を開発した。白血病などの治療では造血幹細胞を用いて骨髄移植を行うが、ドナー不足もあって人為的に増殖させる技術が求められてきた。

MRIを用いた統合失調症とうつ病の鑑別方法を開発 - QLifePro 医療ニュース

MRIを用いた統合失調症とうつ病の鑑別方法を開発 - QLifePro 医療ニュース

正確率は約8割独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターは、統合失調症とうつ病の鑑別をMRI画像を用いて行う方法を開発したと発表した。(この画像はイメージです)研究は25名の女性統合失調症患者、同じく25名の女性うつ病患者の頭部MRI画像から脳の形態の違いを検出することで行われた。

このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

サノレックス錠0.5mg - 添付文書Pro Online

サノレックス錠0.5mg - 添付文書Pro Online

サノレックス錠0.5mgはノバルティス ファーマ株式会社の医薬品で薬価は1錠 198.3円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

アダラートL錠20mg - 添付文書Pro Online

アダラートL錠20mg - 添付文書Pro Online

アダラートL錠20mgはバイエル薬品株式会社の医薬品で薬価は1錠 30.4円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

アダラートL錠10mg - 添付文書Pro Online

アダラートL錠10mg - 添付文書Pro Online

アダラートL錠10mgはバイエル薬品株式会社の医薬品で薬価は1錠 17.8円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

 

同じカテゴリーの記事 医療

  • バイエル薬品セミナー 甲状腺がんの分子標的薬登場で治療や取り巻く環境の変化
  • メルクセローノセミナー 大腸がんの個別化治療に「RAS遺伝子」がバイオマーカーとして可能性
  • 長崎大 てんかんや多動症発症に関わるシナプス制御メカニズムを発見
  • 早大 一目惚れの分子メカニズムを解明
  • カゴメ 野菜ジュースの摂取で血糖値の上昇を抑制と発表