医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ミトコンドリア病MELASに対するEPI-743の臨床研究を開始

ミトコンドリア病MELASに対するEPI-743の臨床研究を開始

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月14日 PM09:30

ミトコンドリア病MELAS

国立精神・神経医療研究センターは米国・エジソン社が開発したミトコンドリア病試験剤「EPI-743」のMELAS(メラス)への有効性を調べる臨床研究を開始する。

(Wikiペディアを利用)

ミトコンドリアは細胞小器官の一つで細胞機能の維持に必要なエネルギーを産生する。その働きが低下して起こる病気の総称がミトコンドリア病で、どの細胞にも起きる可能性がありさまざまな症状が出現する。けいれん、脳卒中、精神症状、低身長、難聴など、特にエネルギーが必要な神経、筋、心臓に現れやすいとされる。

ミトコンドリア病で小児・成人とも病型が最も多いのがMELASで、脳卒中様の症状を呈する。脳の症状に加えて筋肉・心臓・ホルモンなどの症状を合併する。診断は難しく、診断基準は確定していない。推定患者数が英国・フィンランドで10万人に4~6人、日本では約500~800人とされる。

治療の試み

ミトコンドリア病の治療にはミトコンドリアの機能を回復させる治療薬が試みられている。MELASは脳卒中発作から症状が重篤化しやすく発作の予防が重視されてきた。血管を拡張させるアルギニンは保険承認の申請を予定している。タウリンは大量投与で7年間発作がなくなったという症例があり、医師主導による治験がまもなく開始する。

酸化ストレスを除去することにより効果を発揮するEPI-743は、エネルギー産生の経路にあるタンパク質NADH-キノン酸化還元酵素の働きを高めると期待される。またミトコンドリア病の一種である、リー脳症に有効だったことが欧米で報告されている。今回の臨床研究ではEPI-743のMELASへの適応、日本人におけるEPI-743の薬物動態、MELASの臨床症状への効果を調べる。臨床研究の期間は2013年8月から2014年3月までを予定している。(馬野鈴草)

▼外部リンク

国立精神・神経医療研究センター
http://www.ncnp.go.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています






国立精神・神経医療研究センター 抗精神病薬減量法ガイドラインを発表 - QLifePro 医療ニュース

国立精神・神経医療研究センター 抗精神病薬減量法ガイドラインを発表 - QLifePro 医療ニュース

入院患者約4割が3剤以上併用独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は10月4日、抗精神病薬の減量法ガイドラインを作成したことを発表した。(この画像はイメージです)精神疾患は、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病の4疾患に加えて2013年度以降の医療計画に記載される疾患となっており、抗精神病薬の実情を把握することも指針に位置づけられている。






筋ジストロフィーのモルフォリノ治療の可能性を広げる成果 - QLifePro 医療ニュース

筋ジストロフィーのモルフォリノ治療の可能性を広げる成果 - QLifePro 医療ニュース

モルフォリノ人工核酸を用いた治療国立精神・神経医療研究センターはモルフォリノ人工核酸が筋線維に高率に取り込まれることを発見し、メロシン欠損型先天性筋ジストロフィーマウスへの応用に成功した。(Wikiペディアを利用)デュシェンヌ型筋ジスロトフィー(DMD)はジストロフィン遺伝子の変異でジストロフィン・タンパク質が失われて発症する。






MRIを用いた統合失調症とうつ病の鑑別方法を開発 - QLifePro 医療ニュース

MRIを用いた統合失調症とうつ病の鑑別方法を開発 - QLifePro 医療ニュース

正確率は約8割独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターは、統合失調症とうつ病の鑑別をMRI画像を用いて行う方法を開発したと発表した。(この画像はイメージです)研究は25名の女性統合失調症患者、同じく25名の女性うつ病患者の頭部MRI画像から脳の形態の違いを検出することで行われた。






国立精神・神経医療センター 神経幹細胞が“位置情報”の獲得により多様な神経細胞を生み出すことを明らかに - QLifePro 医療ニュース

国立精神・神経医療センター 神経幹細胞が“位置情報”の獲得により多様な神経細胞を生み出すことを明らかに - QLifePro 医療ニュース

位置情報を獲得することにより独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターは4月2日、神経幹細胞が位置情報を獲得することによって多様な神経細胞を生み出す仕組みを明らかにしたと発表した。(画像はプレスリリースより)これは、神経研究所病態生化学研究部の星野幹雄部長らのグループの研究成果で、小脳の研究によって見いだされたもの。






体内の硫化水素生成に新たな経路を発見 腎疾患治療に可能性 - QLifePro 医療ニュース

体内の硫化水素生成に新たな経路を発見 腎疾患治療に可能性 - QLifePro 医療ニュース

虚血再灌流障害が軽減毒ガスで有名な硫化水素(H2S)だが、脳の神経伝達調節因子としての働きが認識されて以来、神経細胞を酸化ストレスから保護する機能、心筋・腎臓の虚血再灌流障害から保護する機能などが次々に明らかになっている。H2Sが生産される経路はこれまでにL-システインからの3経路がわかっていたが、今回の研究で国立精神・神経医療研究センターは第4のD-システインを基質とする合成経路を発見した。

このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

アルギニン点滴静注30g「味の素」 10%300mL - 添付文書Pro Online

アルギニン点滴静注30g「味の素」 10%300mL - 添付文書Pro Online

アルギニン点滴静注30g「味の素」 10%300mLは味の素製薬株式会社の医薬品で薬価は1袋 2152円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

タウリン散98%「大正」 - 添付文書Pro Online

タウリン散98%「大正」 - 添付文書Pro Online

タウリン散98%「大正」は大正富山医薬品株式会社の医薬品で薬価は1g 9.7円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

アルギU配合顆粒 - 添付文書Pro Online

アルギU配合顆粒 - 添付文書Pro Online

アルギU配合顆粒は味の素製薬株式会社の医薬品で薬価は1g 45.4円です。インタビューフォームも掲載しています。

 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 慶大 血管進入が阻害される仕組みを解明
  • iCeMS 精子・卵子を産み出す細胞分裂で重要となるタンパク質を明らかに
  • ヤンセン エボラワクチン計画に最高2億ドルを投入
  • バイオメット・ジャパン 曲げられる骨折治療プレートシステム「A.L.P.S.エルボー システム」を発売へ
  • 再灌流療法の発達とともに心破裂が減少 国立循環器病研究センターが明らかに