医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > アステラス製薬.過活動膀胱治療剤ミラべトリック、米国で新発売

アステラス製薬.過活動膀胱治療剤ミラべトリック、米国で新発売

読了時間:約 45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月27日 PM05:00
米国、現地時間10月22日発表

日本時間10月23日、アステラス製薬株式会社(以下、)は、選択的β3アドレナリン受容体作動薬ミラべトリック(米国製品名、英名:MYRBETRIQTM、一般名:ミラベグロン)を、米国で発売したことを発表した。

ミラべトリックは2012年6月28日に米国食品医薬品局(FDA)より過活動膀胱(以下、OAB)における尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁の効能・効果で承認を取得していた。

(この画像はイメージです)

OABについて、現在の標準治療薬である抗コリン剤は、膀胱にあるムスカリン受容体に結合し、不随意性膀胱収縮を抑制することによって作用する。

一方、ミラべトリックは、膀胱平滑筋のβ3受容体を刺激し、蓄尿期において膀胱平滑筋を弛緩させて作用する。つまり、抗コリン剤とは異なる作用機序を有する。これにより、蓄尿量を増やし、OABの各種症状を改善することができる。

アステラス製薬は、今回の発売で新たな治療選択肢を提供することで、OAB治療に貢献できるものと考えている。

▼外部リンク

アステラス製薬株式会社ニュースリリース
http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • DS-1205/ゲフィチニブ併用療法、非小細胞肺がん対象のP1試験開始-第一三共
  • SGLT2阻害薬による腎保護効果は尿細管が標的か-旭川医大ら
  • レンボレキサント、不眠障害のP3試験で主要評価項目・副次評価項目を達成-エーザイ
  • キザルチニブ、FLT3-ITD変異を有する再発または難治性の急性骨髄性白血病で申請-第一三共
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎関連疾患のP3試験で再発リスクを62%減少-中外製薬