医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ

【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ

読了時間:約 2分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年06月17日 AM10:40

日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会は14日、2024年度薬価制度改革などに関する研究報告を発表した。その中で薬価差のあり方に触れ、「過度な薬価差・薬価差の偏在の是正に取り組むべきである」と指摘した。薬価研の石牟禮(いしむれ)武志委員長は同日の記者会見で、厚生労働省が薬価差の実態調査に乗り出すことを挙げ、「丁寧な議論ができるような調査結果に期待している」と述べ、薬価研としては薬価差を構造的に生む「薬価改定のあり方」の検討の中で取り上げる考えを示した。

研究報告では、「薬価差を得ることを目的として取引により生じる薬価差は、個々の医薬品の価値を反映していない」とした上で、過度な薬価差・薬価差の偏在の是正が必要との問題意識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【青森県】癌化学療法の共通TR完成-薬薬連携拡大への布石に
  • 【生物由来技術部会】ハートシート「承認不適切」-きょう24日にも可否審議へ
  • 【日薬 岩月会長】中間年改定、中止か延期か廃止-長期品は丁寧な説明必要
  • 【薬局機能検討会】健サポ薬局、地域の相談役に-多職種連携で健康増進支援
  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点