医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労科研報告書】在宅実施薬局は届出の6割-訪問指導増加も応需と差

【厚労科研報告書】在宅実施薬局は届出の6割-訪問指導増加も応需と差

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年06月12日 AM11:02

在宅患者訪問薬剤管理指導料の算定を届け出ている薬局のうち、実際に指導等を行っていたのは約6割にとどまることが、2023年度厚生労働科学研究「地域の実情に応じた在宅医療提供体制構築のための研究」(研究代表者:田宮菜奈子筑波大学医学医療系ヘルスサービス開発研究センター長)で明らかになった。訪問薬剤管理指導等を受けている患者数は増加傾向である一方、算定を届け出ている薬局数と実際に応需している薬局数の差がレセプトデータから判明した。研究班は、今後届出と応需の差が生じる要因を検討する必要性を指摘している。

高齢化と在宅医療需要の高まりの中で、薬剤師による訪問薬剤管理指導(医療保険)や居宅療養管理指導(介護保険)の重要性が指摘されているが、訪問薬剤管理指導等を受けている患者の特徴や実施している薬局の実態は明らかになっていないのが現状だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知
  • 【東北大病院薬剤部】薬剤師出向で指導件数増加-病棟業務の従事機会も創出
  • 【厚労省】後発品業界再編で窓口設置-法令上の懸念内容を収集