医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【消費者庁】健康被害報告基準明確化を-機能性食品検討で初会合

【消費者庁】健康被害報告基準明確化を-機能性食品検討で初会合

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年04月22日 AM10:26

小林製薬の紅麹含有製品による健康被害問題を受け、機能性表示食品制度のあり方を検討する消費者庁の「機能性表示食品をめぐる検討会」の初会合が19日に開かれた。今回の事案を踏まえ、健康被害情報に関する報告基準を明確にすること、生産工程管理や臨床試験に関するルールの厳格化を論点として議論すべきなどの意見が上がった。今後、4回にわたる消費者団体などからのヒアリングを経て、5月末をメドに取りまとめる予定。

回収対象となった同社製品は、機能性表示食品に当たることから、政府は今回の事案を受けた機能性表示食品制度のあり方について、5月末をメドに取りまとめるよう消費者庁に指示していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】チェックリストを改訂-薬局のサイバー攻撃対策
  • 【中医協総会】イミフィンジ約11%下げ-用法用量変化再算定で
  • 【千葉科学大公立化検討会】薬学部に厳しい声相次ぐ-公立化でも学部再編必要
  • 【厚労省】受託者からの再委託は不可-調剤責任は委託薬局に
  • 機能性表示食品をめぐる検討会、サプリにGMP義務化へ‐品質管理「推奨」から強化