医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 妊婦の早産リスク、暑すぎる・寒すぎる気温と関連-東京医歯大

妊婦の早産リスク、暑すぎる・寒すぎる気温と関連-東京医歯大

読了時間:約 2分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年12月05日 AM09:00

健康に悪い影響を及ぼす「暑すぎる・寒すぎる日」の増加、早産へ影響は?

東京医科歯科大学は11月29日、妊娠期の女性が寒さや暑さにさらされると早産のリスクが上昇することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男教授、西村久明助教、寺田周平大学院生、生殖機能協関学分野の宮坂尚幸教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「BJOG:An International Journal of Obstetrics & Gynaecology」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

赤ちゃんが妊娠37週より早く生まれる早産は、5歳未満の子どもの最も多い死亡原因であり、世界的に深刻な問題となっている。また、地球温暖化の影響で暑すぎたり寒すぎたりする日が増えることは、ヒトの健康に悪い影響を及ぼすことがわかっている。それが早産にどのように影響するかは、よくわかっていない。

46都道府県、一日の平均気温と早産発生件数の関連を解析

日本は、全国どこでもほぼ同じような周産期医療を受けることができ、かつ国土が南北に長く四季がはっきりしているため気温の変動がさまざまだ。その特徴をうまく利用し、妊娠中の女性が寒さや暑さにさらされると早産が増えるかどうか明らかにすることを目的に、今回の研究は実施された。

研究では、2011~2020年までの10年間にわたり、日本の46都道府県(沖縄県を除く)を対象に、一日の平均気温と早産の発生件数の関連を解析。調査には、日本産科婦人科学会の周産期登録データベースと気象庁の気象データを活用し、気温の影響が現れるまでの時間差(ラグ効果)を考慮した。

早産リスク、一日の平均気温0.8℃で15%増/30.2℃で8%増

結果、妊娠中の女性が寒さや暑さにさらされると、赤ちゃんが早産になるリスクが高くなることがわかった。一日の平均気温が0.8℃(寒さの上位1%)の場合、早産のリスクは15%増加(95%信頼区間:5%~29%)。一日の平均気温が30.2℃(暑さの上位1%)の場合、早産のリスクが8%増加した(95%信頼区間:0%~17%)。なお、気温16℃を基準としている。

寒さ・暑さの早産への影響、35歳未満母/34週以降後期早産でより強い

今回調査した中に含まれる早産の赤ちゃん21万人のうち約5,000人は、妊娠中に母親が16℃未満の寒さにさらされたことにより早く生まれたと考えられ、早産全体の2.3%だった(95%信頼区間0.6%~4.0%)。また、寒さや暑さによる早産への影響は、35歳未満の母親や、妊娠34週以降の後期早産において、より強く見られた。

暑すぎる・寒すぎる日は外出を控えるなど、予防行動が有効な可能性

今回の研究により、妊娠中の母親が寒すぎたり暑すぎたりする気温にさらされると赤ちゃんが早く生まれやすくなることがわかった。これは、早産を予防する方法を考えるときには、気温にも留意することが重要であることを示唆している。将来的には、例えば、熱中症警戒アラートのように、早産の予防対策として妊娠期の女性に対して気温に関する情報を提供し、暑すぎたり寒すぎたりする日は外出を控えるなどの予防行動を促すことが有効な可能性がある。研究グループは、「地球温暖化の影響をますます身近に感じるようになる中、極端な暑さや寒さが健康に与える影響を最小限にするために、医療機関は一層の取り組みが求められる」とし、これによって、「妊娠中の母親や赤ちゃんの健康を守り、社会全体の健康促進につながることが期待される」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 自閉症で「友人を記憶する能力低下」が起こるメカニズムの一端を解明-東大ほか
  • 拡張型心筋症、クローン性造血で予後増悪すると判明-東大病院ほか
  • アトピー性皮膚炎乳児、ナッツ類を含む離乳食の早期摂取を評価-成育医療センター
  • 脳卒中後疼痛、痛みの性質でリハ予後が異なる可能性-畿央大
  • 凍結受精卵を男性に無断で女性が使用、その背景を裁判例等から整理-阪大