医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案

【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年10月05日 AM10:50

厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」は9月30日、緊急避妊薬のOTC化に関するパブリックコメント案を概ね了承した。年齢制限を設けないこと、一般用医薬品に自動的に移行するのではなく要指導医薬品としての販売を継続できること、義務教育からの性教育見直しなどが必要と記載した。厚労省は、年内にも意見募集を始める方針。

緊急避妊薬のOTC化に向けたステップとして、パブコメを募った上で、再び検討会議で課題や対応策等を議論し、OTC化の可否を審議する薬事・食品衛生審議会要指導・一般用医薬品部会に会議の意見を提示する予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革