医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 家庭用ゲーム機のフィットネスゲームで、慢性的な腰痛と自己効力感が改善-千葉大ほか

家庭用ゲーム機のフィットネスゲームで、慢性的な腰痛と自己効力感が改善-千葉大ほか

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月08日 AM11:00

家庭用ゲーム機のフィットネス要素は、痛み治療の新たな治療ツールとなり得るのか

千葉大学は6月7日、既存の治療方法が効きにくい慢性腰痛症の患者への運動療法として、Nintendo Switch「リングフィットアドベンチャー(以下、)」を実施することで腰痛や臀部痛の軽減、痛みがあっても幸せな生活を実現できるという自信の強さをあらわす「痛みに対する自己効力感」が向上することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究院整形外科学の研究グループ(下志津病院 佐藤崇司医師 研究当時:千葉大学医学部附属病院整形外科医員)、未来医療教育研究機構の清水啓介特任助教、医学研究院整形外科学の大鳥精司教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Games for Health Journal」に掲載されている。


画像はリリースより

難治性とされる慢性腰痛症は強い痛みを自覚する一方で、画像診断等では障害や病変の原因などを特定できず、原因不明と診断されることが少なくない。内服や注射、、手術などあらゆる治療が行われてきたが、満足な効果を得られないことが多く、新たな治療法が望まれている。近年の研究では、中枢神経系における痛みのブレーキシステムの破綻や、抑うつなどの心理社会因子が痛みを強めていることが明らかとなり、認知行動療法も積極的に取り入れられてきたが、効果がない患者も一定数存在する。また、運動療法も一定の効果がある一方で、継続困難なケースも多く、「誰しもが楽しく気軽に、そして継続的に運動をすることができる」手段が求められていた。

RFAは、Nintendo Switch対応のフィットネスゲームで、アドベンチャーモードのほか、、肩凝り改善のセットプログラムなどもあり、個人に合った強度で楽しく運動ができることが特徴。家にいながら本格的な運動が可能とされている。研究グループは、RFAの高いゲーム性や本格的なフィットネス要素が痛み治療の新たな治療ツールとなる可能性があると考え、研究を行った。

自らキャラクターを動かしてクリアすることで、腰痛、臀部痛のみならず自己効力感も有意に改善

研究は、千葉大学医学部附属病院を受診した難治性腰痛の患者40人を対象に実施。通常の内服治療に加え、週に1回40分間のRFAを実施する介入群20人と、内服治療のみを行う対照群20人について、介入時と終了時の腰痛、臀部痛、下肢痺れ、痛みに対する自己効力感、運動恐怖感、痛みの破局的思考を比較した。

その結果、腰痛、臀部痛、自己効力感において介入群で有意な改善が認められた。運動療法としての全身の筋肉関節の柔軟性・可動域・血流改善による除痛効果だけではなく、自ら汗を流してキャラクターを動かし、要所をクリアするといった主体的な達成感を得ることによって自己効力感が高まり、痛みの軽減につながった可能性が示唆されたという。

RFAの活用で、医療費の削減効果も

今回の研究により、難治とされる慢性腰痛症に対し、医療機関の治療のみではなく、RFAを用いて、専門家がいなくても腰痛や健康の自己管理ができることが示された。「増大を続ける日本の医療費を、家庭用ゲームであるRFAの活用によって削減できる可能性を指摘できたことの意義は大きいと考えている」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 妊婦の放射線の取り扱いと、出生児の神経芽腫に関連がある可能性-九大ほか
  • 川崎病の発症リスク、妊娠中期以降の葉酸サプリ摂取で低減の可能性-横浜市大ほか
  • 全身性エリテマトーデス、IRF5阻害が再燃を防ぐ新規治療となる可能性-横浜市大ほか
  • 糖尿病治療、膵島移植に最適な新規免疫抑制剤KRP-203を同定-東北大ほか
  • 特発性肺線維症、病態発症メカニズムの一端を明らかに-名大