医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】「多剤服用」でモデル事業-国の業務手順書を先行運用

【厚労省】「多剤服用」でモデル事業-国の業務手順書を先行運用

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月21日 AM10:30

厚生労働省は、病院における高齢者のポリファーマシー()対策を推進するため、今年度から医療機関数施設を対象に、国が作成した業務手順書を先行運用するモデル事業を開始する。ポリファーマシーの業務手順書が未整備の医療機関が9割超を占める中、モデル医療機関で業務手順書の実用性や課題など効果検証を行い、2022年度以降には全国の医療機関に広げていきたい考え。ポリファーマシー対策が遅れている病院と薬局など、地域における関係施設の連携体制整備につなげ、高齢者への適正使用を図る。

■22年度以降に全国展開へ

高齢者のポリファーマシー対策をめぐっては、学会から複数のガイドラインが出されているが、各医療機関が対策を進めるに当たっての運用が明確に示されていなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に
  • 【厚労省】2億5000万回分を追加購入-コロナワクチン、3社から
  • 【日本薬剤師会】薬剤師など関与不可欠-2分の1ルールで意見
  • 【厚労省】開発中コロナ薬に補助金-「カモスタット」など7件
  • 【薬食審調査会】ワクチン接種者の献血、接種後48時間は不可