医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 化合物「ACA-28」による選択的がん細胞死誘導のメカニズムを解明-近大ほか

化合物「ACA-28」による選択的がん細胞死誘導のメカニズムを解明-近大ほか

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月29日 AM11:45

ERK活性化がん細胞を特異的に細胞死誘導するACA-28

近畿大学は1月28日、がん細胞のみに細胞死()を誘導する化合物「」のメカニズムを解明したと発表した。この研究は、同大薬学部創薬科学科の杉浦麗子教授らの研究グループが、兵庫医療大学薬学部と共同で行ったもの。研究成果は、「Genes to Cells」に掲載されている。


画像はリリースより

がん細胞では、増殖を司るERK MAPキナーゼ(以下、ERK)の働きが活発になっていることから、ERKの働きを阻害する抗がん剤の開発が精力的に行われてきた。研究グループは、独自の創薬手法により化合物「ACA-28」を取得。ACA-28が悪性黒色腫()などのERKが活性化しているがん細胞を特異的に細胞死に誘導することから、その作用を探っていた。

今回、研究グループは、がん細胞においてERKの活発な働きに拮抗するために、ERKの働きにブレーキをかける酵素DUSPの量が増えることに着目。ACA-28とDUSPの関係を調べた。

DUSP高発現がん細胞の増殖阻害、正常細胞への影響は限定的

研究の結果、ACA-28は、DUSPのタンパク質分解を介して、DUSPのタンパク質量を減少させていることが判明した。

ACA-28は、DUSPが高発現しているがん細胞の増殖を阻害するのに対して、正常細胞に対する影響は限定的だった。一方、DUSP遺伝子をノックダウンし、DUSPタンパク質発現を減少させることでも、ACA-28同様に、がん細胞選択的な増殖阻害が起こったという。

現在までの抗がん剤開発は、がん細胞で活発になっている「アクセル」の働きを止める薬剤の開発が主流だ。今回の発見は、がん細胞の「ブレーキ」であるDUSPの発現量を制御することにより、副作用の少ない新たながん治療戦略につながることが期待される、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 子どもの喘鳴・ぜんそく、妊婦の喫煙/受動喫煙かに関わらずリスク増-富山大
  • 父親が育児行動を積極的に行うと、母親の心理的苦痛が低減する可能性-富山大
  • 急性白血病、GVHD発症による生存率改善が臍帯血移植のみで顕著-東大医科研ほか
  • 慢性腰痛患者の歩行時の体幹制御は日常生活環境に依存する-畿央大
  • 【IASR速報】ダニ媒介性発熱性感染症SFTS、関東地方初の症例報告-感染研