医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 虚弱高齢者のフレイル対策に「遠赤外線低温サウナ」が有効-都長寿研ほか

虚弱高齢者のフレイル対策に「遠赤外線低温サウナ」が有効-都長寿研ほか

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月02日 AM11:30

フレイルと老年症候群の悪循環を改善する方法は?

東京都健康長寿医療センターは9月1日、運動を行うことが困難な高齢者のフレイル対策として、遠赤外線低温サウナプログラムが有効であるという研究結果を明らかにした。これは、同センター高齢者健康増進センターの原田和昌副院長、杉江正光医員(循環器内科)らの研究グループと、一般社団法人日本健康寿命延伸協会との共同研究によるもの。研究成果は、日本老年医学会が発行する英文誌「Geriatrics &Gerontology International」に掲載されている。


画像はリリースより

近年、超高齢社会におけるフレイル対策の重要性が指摘されている。フレイルは虚弱を意味し、その評価は、体重減少・握力低下・歩行速度低下・活動量低下・易疲労感の5つの項目により行われる。フレイル対策として、運動や栄養による予防の重要性が指摘されているが、高齢者には膝・腰の痛みや息切れなどの症状、さらに、低体力が理由で運動を行うことが困難な人が多い。フレイルは老年症候群の一部として知られ、加えて、フレイルと老年症候群は互いに悪循環を形成することが指摘されている。老年症候群とは、高齢期に見受けられる症状などの総称であり、誤嚥、尿漏れ、転倒・骨折、もの忘れ、寝たきりの他、めまいや難聴なども含まれる。

研究グループは、日々の高齢者診療に携わる中、慢性的な冷え・浮腫み・慢性的な痛み(膝や腰の痛み)・・息切れ・尿漏れ・便秘・食欲不振・不眠・皮疹などの高齢者が日常的に訴えられる老年症候群に注目。これまでの知見を踏まえ、遠赤外線低温サウナによるプログラムが、高齢者が日常的に悩む老年症候群の程度を改善し、さらには老年症候群とフレイルの悪循環を阻止することで、フレイルをも改善するのではと考えた。そこで、遠赤外線低温サウナプログラムの開発を通して、老年症候群やフレイルへの効果・検証する研究を実施した。

1回15分のサウナ浴を週2回、/フレイルの程度を改善

研究対象は、病状や症状、低体力のため、運動を行うことができないプレフレイル(フレイルの前段階)を含むフレイル高齢者。1回を15分間のサウナ浴と30分の安静保温とし、週2回、3か月間にわたり遠赤外線低温サウナプログラムを実施した。

その結果、遠赤外線低温サウナプログラムは、運動を行うことが困難な高齢者の、・浮腫み・慢性的な痛み・息切れ・尿漏れ・皮疹といった老年症候群の程度を改善し、加えて、体重や歩行速度、活動量の改善を通してフレイルの程度を改善することも確認された。

「研究結果を踏まえ、遠赤外線低温サウナプログラムが、運動を行うことが困難な高齢者の老年症候群の一部症状改善やフレイル対策に活用されることが期待される」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 哺乳類の原腸胚形成に重要な遺伝子座を発見-筑波大ほか
  • アルツハイマー病の脳内炎症抑制につながる共役リノール酸を発見-北大ほか
  • 抗PD-1抗体による甲状腺副作用の発症メカニズムをマウスで明らかに-名大
  • 細胞外小胞が骨肉腫を進展させるメカニズムを解明-金沢大
  • 高齢者の「クローン性造血」、成因と血液がん進展メカニズムを解明-東大医科研ほか