医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】次期医療計画へ指針改定案-連携を重視、薬局の役割重く

【厚労省】次期医療計画へ指針改定案-連携を重視、薬局の役割重く

読了時間:約 2分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月28日 PM12:00

厚生労働省は24日、2018年度からの次期医療計画作成に向けた指針の見直し素案を「医療計画の見直し等に関する検討会」に示した。5疾病5事業と在宅医療を計画に定め、地域包括ケアシステムの構築を進めるため、医療機関と薬局、訪問介護ステーションなどの関係機関と連携していく重要性を強調。薬物療法も入院から外来、在宅へと提供し続けることが重要とし、癌診療における拠点病院と薬局の連携や心血管疾患での急性期から慢性期まで一貫した医療提供へ“・薬局”の活用を促したほか、救急医療では休日・夜間対応できる薬局との連携推進も明記した。

指針の見直し素案では、癌、、心筋梗塞等の心血管疾患、、精神疾患の5疾患、救急医療、災害時医療、へき地医療、周産期・小児医療の5事業と在宅医療を定め、地域包括ケアシステムの構築に向け、医療機関と関係機関の連携がますます重要となるとの認識を示し、地域全体で効率的・効果的な医療提供体制を構築していくことが必要とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【老年薬学会が提言】「昼1回」に服薬簡素化を-高齢者施設職員の負担軽減
  • 【流改懇】過大な薬価差是正に着手-チェーン薬局の取引可視化へ
  • 【薬局機能検討会】患者急変時の薬準備せず-薬局6割、在宅対応に課題
  • 【厚科審制度部会】製造管理者、非薬剤師にも-日薬連など制度改正要望
  • 【厚労省】チェックリストを改訂-薬局のサイバー攻撃対策