医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革会議】OTC化、塩漬け品目公表-申請後11年放置の事例も

【規制改革会議】OTC化、塩漬け品目公表-申請後11年放置の事例も

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月02日 AM10:20

日本OTC医薬品協会は4月27日、スイッチOTC化の承認申請後も審査が停滞している「」として11年経過した品目が見られたとの調査結果を、政府の規制改革推進会議「医療・介護・感染症対策ワーキンググループ」で公表した。委員からは、長期間の停滞を非難する声だけでなく、否決理由も問題視する意見が出た。

この日のWGでは、OTC薬協がスイッチ化の審査状況に関する調査結果を公表。具体的には、スイッチ化の承認申請を厚生労働省に行ったものの審査が開始されていない、または審査中のまま停止している品目(塩漬け品目)の有無や経過年数について今年4月に調査し、会員企業16社から回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ