医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足

【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 AM10:30

厚生科学審議会感染症部会の新型インフルエンザ対策に関する小委員会は20日、今後の抗インフルエンザウイルス薬の備蓄方針を議論し、「」(販売名:)の備蓄を見送った。現状では臨床データが不足していると判断したもので、「詳細なデータや経験を蓄積した時点で備蓄を再考する」と結論づけた。

新型インフルエンザに対する国の方針として、国と都道府県で抗インフルエンザ薬を4500万人分備蓄する目標を示しており、現在はオセルタミビル(タミフル)やザナミビル()など5種類を備蓄している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府】共同購入の枠組み参加-コロナワクチン、15日付で
  • 菅新内閣がスタート-田村厚労相は再登板
  • 【日本学術会議が提言】患者情報把握できる環境を-薬局での薬学的管理に必須
  • 【日薬調査】大学主導の実習連携不十分-わずか3割、課題浮き彫りに
  • 製薬大手9社、コロナワクチンで共同声明-被験者安全が最優先事項