医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足

【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 AM10:30

厚生科学審議会感染症部会の新型インフルエンザ対策に関する小委員会は20日、今後の抗インフルエンザウイルス薬の備蓄方針を議論し、「」(販売名:)の備蓄を見送った。現状では臨床データが不足していると判断したもので、「詳細なデータや経験を蓄積した時点で備蓄を再考する」と結論づけた。

新型インフルエンザに対する国の方針として、国と都道府県で抗インフルエンザ薬を4500万人分備蓄する目標を示しており、現在はオセルタミビル(タミフル)やザナミビル()など5種類を備蓄している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」