医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【毒性学会】小児薬の開発停滞打開へ-非臨床データ外挿に活路

【毒性学会】小児薬の開発停滞打開へ-非臨床データ外挿に活路

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月01日 PM12:00

小児用医薬品の開発を推進していくために、幼若動物を用いた非臨床試験データの活用に注目が集まっている。ICH-S11ガイドラインでは、小児用医薬品開発における追加の非臨床試験の実施要件や幼若動物の試験デザインに関する規制の国際調和を進めており、年内には最終化する予定だ。6月27日に徳島市内で開かれた日本毒性学会学術年会のシンポジウムでは、臨床試験で小児被験者データの集積に苦労する中、幼若動物の非臨床試験データから小児臨床試験に外挿させる開発の実現に向けて議論した。

小児用医薬品の開発をめぐっては、欧米では成人での開発過程で小児用量・用法の開発も行うことが義務化されているが、日本には法規制がないのが現状。国内では成人適応の承認直前で、ようやく小児用の開発必要性の検討を開始しており、欧米の状況とは大きな乖離があるのが課題となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色
  • 【臨床薬理学会で議論】製販後調査に患者レジストリ-難病、希少薬で活用論高まる
  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得