医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品シェア74.2%に続伸-5月の技術料は0.4%増

【厚労省】後発品シェア74.2%に続伸-5月の技術料は0.4%増

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月28日 AM10:15

厚生労働省は、今年5月の調剤医療費(電算処理分)の動向を公表した。それによると、調剤費は前年同期比3.3%減の6055億円、1枚当たり調剤医療費は3.4%減の8696円となった。後発品の数量シェアは74.2%と引き続き伸長した。

5月の調剤医療費の内訳を見ると、技術料が0.4%増の1582億円、薬剤料が4.5%減の4461億円となった。薬剤料のうち後発品薬剤料は5.5%増の800億円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断
  • 【北里大学病院】イベルメクチンで医師治験-コロナ対象、来年3月終了へ
  • 【政府】共同購入の枠組み参加-コロナワクチン、15日付で