医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】臨床情報共有、創薬推進を-NCのあり方でヒアリング

【厚労省検討会】臨床情報共有、創薬推進を-NCのあり方でヒアリング

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月17日 AM11:00

厚生労働省の「(NC)の今後のあり方検討会」は12日、)、)、日本製薬工業協会など4団体から、NCに求める役割についてヒアリングを行った。AMEDは、NC間で臨床情報の共有を進めて診断の加速や正確な患者数を把握することを求めたほか、日本製薬工業協会は、国内研究を統括して推進することや治験ネットワークなど希少疾患に貢献できる協力体制を構築することで、新薬創出を促す組織になるべきと提言した。

この日の検討会では、各団体からNCが果たすべき役割に関してヒアリングを行った。AMEDは、医療研究開発の成果を患者に届けるため、データシェアリング、医療研究開発に資する人材育成、横断的医療研究開発のための基盤整備の三つの戦略が必要とし、高度な診療と研究機能を持つ施設の重要性を強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省が初公表】患者から副作用報告83件-精神神経、抗不安剤が最多
  • 【京都桂病院】PBPMで呼吸機能改善-薬剤師が吸入デバイスを選択
  • 社会保障審議会医療部会、20年度改定方針で骨子案-院内薬剤師業務の評価明記
  • 田辺三菱製薬、上場廃止へ-三菱ケミHDが完全子会社化
  • 【中医協総会】重複投薬解消へ連携評価-支払側は「結果」求め難色