医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 開放隅角緑内障の発症に関わる7つの感受性遺伝子領域を同定-理研ら

開放隅角緑内障の発症に関わる7つの感受性遺伝子領域を同定-理研ら

読了時間:約 1分43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月21日 PM01:15

アジア最大のゲノムワイド関連解析を実施

(理研)は2月19日、日本人の主な失明原因である開放隅角緑内障についてアジア最大のゲノムワイド関連解析を実施し、発症に関わる7か所の感受性遺伝子領域を同定したことを発表した。この研究は、同研究所統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長、統計解析研究チームの鎌谷洋一郎チームリーダー、秋山雅人リサーチアソシエイト、志賀由己浩研究生、東北大学医学部眼科学分野の中澤徹教授、西口康二准教授らの共同研究グループによるもの。研究成果は、「Human Molecular Genetics」に掲載されている。


画像はリリースより

緑内障は、日本人の失明原因の第1位となっている眼疾患。日本人における有病率は5.0%で、その主な病型は開放隅角緑内障だが、開放隅角緑内障患者の遺伝要因の大部分は解明されていなかった。

今回、研究グループは、開放隅角緑内障の発症に関わる遺伝要因を明らかにするため、日本人集団27万人を対象にした世界最大級の疾患バイオバンク「」で収集された日本人の開放隅角緑内障患者3,980名と対照群1万8,815名に対し、ヒトゲノム全体に分布する約600万個の一塩基多型(SNP)のゲノムワイド関連解析()を実施。さらに、開放隅角緑内障と強い関連が認められたSNPについて、独立した2つの日本人集団(患者:3,398名、対照群:1万7,570名)で再現性を検証した。

2型糖尿病や心血管病と遺伝的背景を共有

その結果、新たに7か所の遺伝子領域(FNDC3B、ANKRD55-MAP3K1、LMX1B、LHPP、HMGA2、MEIS2、LOXL1)が開放隅角緑内障の発症に影響することが判明。また、これらの遺伝子領域について、他の人種(患者:8,357名、対照群:3万8,100名)における発症リスクへの影響を検証したところ、2つのSNPがアジア系人種で、4つのSNPがヨーロッパ系人種でも発症に寄与していると考えられたという。さらに、関連が示された遺伝子の特徴を明らかにするためパスウェイ解析を行ったところ、上皮成長因子受容体シグナルに関する遺伝子群が発症に影響している可能性を突き止めたとしている。また、過去に開放隅角緑内障との関与が報告されている7形質について、遺伝学的相関の評価を行った結果、開放隅角緑内障は2型糖尿病や心血管病と遺伝的背景を共有していることが明らかになったという。

今回の研究で解析したGWASの統計量データは、(JST)バイオサイエンスデータベースセンター()を通じた公開を予定している。研究グループは「今後、世界中の研究者が活用可能となることで、開放隅角緑内障の遺伝要因のさらなる解明に貢献すると期待される」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ヒトの持久運動パフォーマンス向上に貢献する腸内細菌を発見-慶大先端研ほか
  • コロナ禍での休校中、夜型に近かった小中学生は再開後の睡眠習慣に大きな変化-東大
  • 子どもが採血を肯定的に解釈するために「本人への事前情報提供」などが重要-山梨大
  • 大腸がん術後の再発リスク測定、リキッドバイオプシーは「有用」-国がんほか
  • FGFR変異+共変異のがん、分子標的薬併用療法の有効性を確認-東京医歯大ほか