医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【行政改革推進会議】調剤技術料の水準引下げを-安倍首相「予算編成に反映」

【行政改革推進会議】調剤技術料の水準引下げを-安倍首相「予算編成に反映」

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月11日 AM10:45

政府の行政改革推進会議は7日、予算の無駄を検証するため11月に実施した「秋の行政事業レビュー」の指摘事項を取りまとめた。その中で取り上げた調剤技術料については、「、大型チェーン薬局の実態を踏まえると一層の引き下げ余地がある」とし、メリハリのついた調剤技術料の報酬設定とすべきと提言した。報告を受けた安倍晋三首相は「予算編成に的確に反映する」と述べた。

秋の行政事業レビューでは、診療報酬のうち調剤技術料を取り上げた。その結果、薬剤師・薬局のサービスの対価として、「院内処方と院外処方のコスト差について十分検証されていない」と指摘。現時点で、・薬局は少数派として、「今後も現在の調剤報酬体系のままでは目指す姿に進んでいくとは見込みがたい」との見方を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論
  • 【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需
  • 【政府】コロナ対応の全体像策定へ-経口薬、年内実用化を明記