医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > MSD社に対し、抗HIV薬に関する特許権侵害訴訟を提起-塩野義製薬

MSD社に対し、抗HIV薬に関する特許権侵害訴訟を提起-塩野義製薬

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月20日 PM02:45

ドイツおよび日本の地裁に提起

塩野義製薬は株式会社8月18日、同社の抗エイズウイルス()薬に関するドイツおよび日本の特許に基づき、米メルク社のドイツ法人であるMSD Sharp & Dome Gmbhと欧州関連会社、および日本法人であるMSD株式会社に対する特許権侵害訴訟を、それぞれ8月17日付けで、ドイツのデュッセルドルフ地裁と東京地裁に提起したと発表した。

対象特許は、ドイツのDE60242459.3号と、日本の特許第5207392号の、HIVインテグラーゼ阻害薬に関する特許。MSD社が販売するHIVインテグラーゼ阻害剤「(R)」(一般名:ラルテグラビル カリウム)が、これらの特許を侵害していると主張し、特許権使用料の支払いを求めている。

HIVインテグラーゼ阻害剤に関して単独で保有する特許

今回、塩野義製薬が主張する特許侵害の対象は、抗HIV薬の用途特許。この特許は、ViiV社が世界各国で製造・販売しているHIVインテグラーゼ阻害薬「(R)」(一般名:ドルテグラビルナトリウム)の関連で、塩野義製薬とGSK社が共有している特許とは関係なく、塩野義製薬が単独で保有する特許であると説明している。

塩野義製薬では、知的財産は極めて重要な経営資源であるとしており、今後も同社の知的財産を侵害または侵害する恐れが生じた場合には、万全な法的対応をはかっていくとしている。

▼関連リンク
塩野義製薬株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • HAE急性発作の発症抑制で承認の「ベリナート皮下注用2000」薬価収載-CSLベーリング
  • アジョビのオートインジェクター発売、片頭痛発作発症抑制で在宅自己注射-大塚製薬
  • 膿疱性乾癬治療薬「スペビゴ」発売、急性症状の改善で-ベーリンガー
  • 新型コロナの経口治療薬ラゲブリオ、一般流通開始で早期治療への貢献に期待
  • 手術縫合針計数装置「ラピッドニードルカウンター107」を開発-NCGMほか