医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 武見厚労相「各成分5社程度が理想」-産業構造改革で企業に要請

武見厚労相「各成分5社程度が理想」-産業構造改革で企業に要請

読了時間:約 2分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年07月08日 AM11:56

武見敬三厚生労働相は4日、後発品企業13社の代表を招集して産業構造改革に向けた要請を行い、安定供給実現には「成分ごとに5社程度が理想的な供給社数」との考えを示した。5社程度とするための政策誘導等は今後の検討事項としたが、企業側からは「数にこだわらず、分散されていることが大事」との声やインセンティブとして国の支援を求める意見も出たほか、薬局現場からも1成分5社程度に集約することによる安定供給への影響を危惧する声が出た。

産業構造改革で企業に要請

5月に公表された産業構造検討会の報告書では、企業間の連携・強力推進、持続可能な産業構造を求めており、厚労省は「産業構造改革の中核を担うべき企業を集めて奮起を促すため」として、後発品企業13社の代表者を集め、意見交換も行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品業界再編で窓口設置-法令上の懸念内容を収集
  • 【厚労省】有効期限を4年に延長-「メチレンブルー静注」
  • 【厚労省】治験同意文書活用を-製薬協の共通資材
  • 【厚労省】学会要望待たず開発要請-国内開発未着手品に対応
  • 武見厚労相「各成分5社程度が理想」-産業構造改革で企業に要請