医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬局でのRMP活用促進へ-製薬協が日薬と意見交換

薬局でのRMP活用促進へ-製薬協が日薬と意見交換

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年05月08日 AM10:25

2024年度診療報酬改定で、薬局薬剤師が患者に対して重点的に丁寧な説明が必要となる場合に、(RMP)に基づく説明資料を活用すると算定できる「特定薬剤管理指導加算3」(5点)が新設される。薬局ではRMPの認知度すら低い現状であることから、調剤報酬の評価に位置づけることで活用を促し、患者の医薬品適正使用や重篤な副作用防止につなげるのが狙い。日本製薬工業協会は「活用のチャンス」と捉え、今月初めにも日本薬剤師会との意見交換を行う予定だ。

これまでも薬局薬剤師がRMP資材を用いることにより、添付文書で記載されていない新薬の潜在的なリスクを認識すると共に、特定されたリスクの最小化に向けては患者とのリスクコミュニケーションにもつながるため、現場での活用が期待されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知
  • 【東北大病院薬剤部】薬剤師出向で指導件数増加-病棟業務の従事機会も創出
  • 【厚労省】後発品業界再編で窓口設置-法令上の懸念内容を収集