医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【有識者検討会】インフレ下の薬価検討を-物価上昇率反映が必要

【有識者検討会】インフレ下の薬価検討を-物価上昇率反映が必要

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年03月01日 AM10:45

厚生労働省の「医薬品の迅速・安定供給実現に向けた総合対策に関する有識者検討会」は2月28日、2023年6月の取りまとめから初めてとなる会合を開き、各会議体で検討が進められている医薬品の安定供給や創薬力強化などの取り組みの進捗状況を確認した。構成員からは薬事・・流通で解決策の方向性が提示されている現状を評価する意見が相次いだ一方、薬価ではインフレ経済下で、薬価と実勢価の名目乖離率と物価高騰による実質乖離率に差が生じている実態から、物価上昇率を反映し得る薬価改定スキームの検討が課題に挙げられた。

有識者検討会での報告を踏まえ、薬価については2024年度薬価制度改革で迅速導入加算や、新薬創出等加算について企業区分による加算係数を廃止し、原則薬価を維持することとしたほか、後発品は安定供給が確保できる企業評価の試行的導入が決まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】心筋炎既往歴「慎重に」-コロナワクチンで周知
  • 【政府構想会議】エコシステムの構築を明記-創薬力向上へ論点整理案
  • 【医療機能評価機構】輸液を末梢静脈から誤投与-「中心静脈から」周知促す
  • 【公明党/立憲民主党】GMP認証の義務化求める-機能性表示食品で提言
  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減