医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審分科会】コロナワクチンを定期化-65歳以上の高齢者など

【厚科審分科会】コロナワクチンを定期化-65歳以上の高齢者など

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年11月27日 AM10:39

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は22日、2024年度から新型コロナワクチンの予防接種を現在の特例臨時接種から定期接種に位置づけ、疾病分類を季節性インフルエンザと同様の「」に分類することを了承した。定期接種対象者は65歳以上の高齢者と基礎疾患等を持つ高リスクな60~64歳とし、年1回秋冬頃の接種を想定している。費用負担は実施主体である自治体ごとに異なる。

現在、新型コロナワクチンの接種は予防接種法上で「まん延予防上緊急の必要性がある」と認める時に実施する特例臨時接種に位置づけられている。9月に行われた予防接種基本方針部会では、特例臨時接種を今年度末で終了する方針を決めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革