医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】「ゾコーバ」薬価は1錠7407円-支払側から高額と指摘も

【中医協総会】「ゾコーバ」薬価は1錠7407円-支払側から高額と指摘も

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年03月10日 AM10:30

中央社会保険医療協議会総会は8日、塩野義製薬の経口新型コロナウイルス感染症治療薬「ゾコーバ錠125mg」を薬価基準に収載することを了承した。既存のコロナ治療薬と抗インフルエンザウイルス薬を比較薬として類似薬効比較方式Iで算定し、1錠7407.40円に設定。年間販売額が予測販売額から10倍以上に急拡大し、かつ3000億円超となった場合は引き下げ率の上限を66.7%に引き上げる。15日付で収載される予定。

同剤の薬価収載に当たっての対応案に基づき、類似薬が存在するため類似薬効比較方式Iで算定を行った。比較薬として、効能・効果や投与形態の類似性を踏まえてMSDの「ラゲブリオカプセル200mg」と、ゾコーバ同様に呼吸器系の感染症に重症化リスクを問わず幅広く投与されていることなどを考慮し、塩野義の抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ錠20mg」を選定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記
  • 【政府構想会議が中間案】創薬力強化に国が戦略目標-官民協議会で投資を誘致
  • 【老年薬学会が提言】「昼1回」に服薬簡素化を-高齢者施設職員の負担軽減
  • 【流改懇】過大な薬価差是正に着手-チェーン薬局の取引可視化へ
  • 【薬局機能検討会】患者急変時の薬準備せず-薬局6割、在宅対応に課題