医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【都薬調査】9割が「後発品納品滞る」-調達状況は未だ改善せず

【都薬調査】9割が「後発品納品滞る」-調達状況は未だ改善せず

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月09日 AM11:10

都内の薬局で8月時点での後発品納入状況を聞いたところ、「欠品で発注できない」「納品が滞り、調剤業務に影響が出る場合がある」との回答が約9割に上ったことが、東京都薬剤師会が実施したアンケート調査で分かった。昨年実施した調査結果から薬局の後発品調達状況に改善の兆しは見られておらず、厳しい状況が続いていることがうかがえる結果となった。向精神薬や漢方薬が納入できていないほか、後発品の供給不安が長く続いていることで患者の不安感も強まっている現状も浮き彫りになった。

都薬が後発品の流通・多応状況に関するアンケート調査を実施するのは昨年6月、昨年8月に続き3回目。会員薬局の管理薬剤師と薬局開設者にウェブで質問し、633の有効回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記