医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】オミクロンワクチン特例承認-ファイザーとモデルナ製

【厚労省】オミクロンワクチン特例承認-ファイザーとモデルナ製

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月16日 AM10:35

厚生労働省は12日、新型コロナウイルスワクチンであるファイザーの「コミナティRTU筋注」とモデルナの「スパイクバックス筋注」(共に一般名:コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン)について、オミクロン株BA1系統に対応した効能・効果、用法・用量を追加する製造販売承認事項の一部変更を特例承認した。

第7波の感染拡大では、オミクロン株が主流となっていることを踏まえ、両社は従来株にのみ対応した1価ワクチンに位置づけられていた両品目について、8月にオミクロン株のBA1系統対応2価ワクチンとするための一部変更承認申請を行っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討