医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬連調査】限定出荷対応は約4割-ほとんどが「他社品の影響」

【日薬連調査】限定出荷対応は約4割-ほとんどが「他社品の影響」

読了時間:約 59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月22日 AM10:25


■日薬連調査

日本製薬団体連合会は、後発品を中心に起きている供給不足問題の現状を把握するために行った5月中旬時点の約3000品目の「医薬品の供給状況にかかる調査」の結果をまとめ、17日に日薬連ホームページで公表した。その結果、100%以上の出荷量通常品目は2245品目あったが、その中で限定出荷対応しているのは997品目と44%に上った。限定出荷の9割弱に当たる866品目が「他社品の影響」としており、解除しても自社の通常の出荷量では受注をさばききれず、限定出荷扱いにしている状況が示唆された。

調査は、製薬企業から医薬品卸に対する販売状況をまとめたもの。製造販売企業129社、390成分、3080品目(一部重複あり)の状況をPDFファイルとエクセルファイルにまとめ、検索と集計をしやすくした。一部品目では今後の見通しも記載してある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療機能評価機構】輸液を末梢静脈から誤投与-「中心静脈から」周知促す
  • 【公明党/立憲民主党】GMP認証の義務化求める-機能性表示食品で提言
  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり