医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【官民対話】有識者検討会立ち上げへ-流通・薬価のあり方議論

【官民対話】有識者検討会立ち上げへ-流通・薬価のあり方議論

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月17日 AM11:00

厚生労働省は14日の「革新的医薬品等の創出のための官民対話」で、医薬品の品質・安定供給確保に向けた流通制度、薬価制度のあり方などを議論する有識者検討会を立ち上げることを明らかにした。有識者検討会での議論を取りまとめ、具体策を中央社会保険医療協議会で議論し、制度改革につなげたい考え。初会合の時期は調整中。

1年ぶりに開かれた官民対話

後藤茂之厚労相は、検討会立ち上げについて、「足下では医薬品の品質確保、安定供給の問題、新薬のドラッグラグの懸念など、国民への医薬品供給に影響を及ぼす課題が生じている」と背景を説明。「国民に必要な医薬品を安定的、迅速に供給するため、薬価制度のあり方も含めて産業構造やビジネスモデルなど幅広く検討し、制度改革に取り組みたい」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給
  • 【厚労省】国がOTC薬濫用防止対策-学校薬剤師・地区薬を活用
  • 【支払側が会見】確実な賃上げの検証必要-一層問われる薬局改革