医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 3社と7人起訴内容認める-医薬品卸談合疑惑の公判で

3社と7人起訴内容認める-医薬品卸談合疑惑の公判で

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月14日 AM10:30

大手医薬品卸4社による地域医療機能推進機構(JCHO)発注の医薬品入札に関する独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑の公判が、4月27、28の両日と今月10日に東京地方裁判所で行われた。被告のスズケン、、アルフレッサの3社と関係者7人は、いずれも起訴内容を認め、検察側は企業に罰金3億円、当該者に懲役2年等を求刑した。6月には判決が下る見通し。

事件捜査の経緯は、メディセオを加えた大手医薬品卸4社が、2019年11月27日に公正取引委員会の強制調査、20年10月13日に公取委と東京地検特捜部の捜索を受けていたというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供
  • 【厚労省検討会】6年制卒の免許取得「当然」-一貫した臨床研修検討を
  • 【都薬】後発品の流通調査を開始-回収対応など問題点探る
  • 【臨床救急医学会】「救急専門薬剤師」を創設へ-具体的要件の検討スタート
  • 【精神神経センター病院】アマンタジンを半量誤投与-廃棄ルール守らず再利用