医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚生科学審議会合同部会、接種後死亡例4件を報告-引き続き安全性懸念なし

厚生科学審議会合同部会、接種後死亡例4件を報告-引き続き安全性懸念なし

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月14日 AM11:00

厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議は9日、新型コロナウイルスワクチン接種後のアナフィラキシー報告事例350件などを評価し、ワクチンについて「安全性に重大な懸念は認められない」と結論づけた。死亡事例も新たに4件報告されたが、いずれも接種との因果関係は評価できないとした。

医療関係者を対象としたワクチン接種は4日までに109万6698回行われ、このうち副反応疑い報告数は1755件(0.16%)だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 医師の八重樫氏ら「薬剤師を接種の担い手に」-署名2万筆、特例など要望
  • 【日薬調査】敷地内薬局が約3倍に-国公立や公立で大幅増
  • 【中医協総会】9品目に市場拡大再算定-「ユルトミリス」も引き下げ
  • 3社と7人起訴内容認める-医薬品卸談合疑惑の公判で
  • 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に