医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】費用対評価案を初公表-テリルジーとキムリア

【中医協総会】費用対評価案を初公表-テリルジーとキムリア

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月26日 AM10:15

中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門組織は24日、(COPD)治療薬「100エリプタ」と白血病治療薬「」の費用対効果評価案を総会で示し、了承された。2019年4月に同制度の運用開始後、総合的評価が公表されるのは初めてとなる。今後、総合的評価をもとに両製品の価格調整を行う。

同制度は、市場規模が大きいか著しく単価が高い医薬品・医療機器を評価対象とし、保険償還の可否判断ではなく、一旦保険収載した上で価格調整に用いるとされている。今回、評価対象となっている14品目のうち、テリルジーとキムリアの総合的評価を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知
  • 【東北大病院薬剤部】薬剤師出向で指導件数増加-病棟業務の従事機会も創出
  • 【厚労省】後発品業界再編で窓口設置-法令上の懸念内容を収集