医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【全自病協薬剤部会調査】常勤薬剤師の確保に苦戦-自治体病院の3割採用できず

【全自病協薬剤部会調査】常勤薬剤師の確保に苦戦-自治体病院の3割採用できず

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月11日 AM10:15

全国の自治体病院の約3割は常勤薬剤師を募集しても1人も確保することができない実態が、全国自治体病院協議会薬剤部会が実施した2017年度分の調査で明らかになった。募集人員数の一部しか確保できない病院も約3割存在し、合わせて約6割の自治体病院が薬剤師の確保に苦戦していることも分かった。都市部では募集人員数を全て確保できている病院が多い一方、地方では確保に苦戦する病院が多く、地域差も認められたという。

同協議会の会員875病院を対象に実施した17年度「薬剤管理の実態調査」のうち、常勤薬剤師の採用状況に関する設問に回答した325病院(回答率37.1%)の結果を解析。募集した常勤薬剤師数のうち実際に何人確保できたのかを表す「採用率」を病院ごとに算出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」