医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬】山本会長、「現場の混乱」に配慮-豪雨被災地への薬剤師派遣

【日薬】山本会長、「現場の混乱」に配慮-豪雨被災地への薬剤師派遣

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月23日 AM10:45

日本薬剤師会の山本信夫会長は、18日の定例会見で、西日本豪雨で被災した広島県に派遣する薬剤師の募集開始が、被害の大きかった広島県、岡山県などに大雨特別警報が出されてから2週間ほど経過したタイミングとなったことについて、「現地との調整がつかない状況で薬剤師を送り込むことはできない」とし、過去の災害対応を踏まえ、「現場に混乱が生じないよう状況を確認していた」と説明した。

会見には、被災地に赴いた田尻泰典副会長が出席し、現地の被害や対応状況を説明。広島県薬剤師会の豊見雅文会長に、「現場の薬剤師が疲弊する前に」支援が必要な状況であれば、「受け入れてもらいたい」と提案したところ、支援薬剤師の派遣を「お願いしたい」との要請があったことを明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討
  • 【厚労省】自主点検で該当企業なし-紅麹原料入手の173社
  • 【厚労省】医療機関受診者1058人に-小林の紅麹関連製品