医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案

【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年10月05日 AM10:50

厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」は9月30日、緊急避妊薬のOTC化に関するパブリックコメント案を概ね了承した。年齢制限を設けないこと、一般用医薬品に自動的に移行するのではなく要指導医薬品としての販売を継続できること、義務教育からの性教育見直しなどが必要と記載した。厚労省は、年内にも意見募集を始める方針。

緊急避妊薬のOTC化に向けたステップとして、パブコメを募った上で、再び検討会議で課題や対応策等を議論し、OTC化の可否を審議する薬事・食品衛生審議会要指導・一般用医薬品部会に会議の意見を提示する予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案
  • 【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢
  • 【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も