医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】抗癌剤「カボメティクス」、費用対効果で良好な結果

【中医協総会】抗癌剤「カボメティクス」、費用対効果で良好な結果

読了時間:約 1分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月20日 AM10:15

中央社会保険医療協議会は18日の総会で、武田薬品の抗癌剤「カボメティクス錠」(一般名:カボザンチニブリンゴ酸塩)の費用対効果評価案を了承した。比較対照薬に比べ、根治切除不能・転移性腎細胞癌では1次・2次治療のいずれにおいても価格調整係数1.0を示し、肝細胞癌では「効果が同等で費用削減」と良好な結果となった。今後、総合的評価のもとで価格調整を行うプロセスとなるが、薬価は据え置きとなる公算が大きい。

カボメティクスは、「根治切除不能または転移性の腎細胞癌」と「がん化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞癌」を効能・効果としている。有用性加算II10%が適用され、薬価は20mg錠が8007.60円、60mgが2万2333.00円で、予測販売額がピーク時の10年目に127億円としているため、費用対効果評価の対象となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品