医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】超低温冷凍庫1万台確保-コロナワクチンで体制案

【厚労省】超低温冷凍庫1万台確保-コロナワクチンで体制案

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月14日 AM10:16

厚生労働省は10日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種や流通に関する体制案を予防接種・ワクチン分科会の合同会議に示し、概ね了承された。ワクチンの流通については、超低温で保管可能な冷凍庫1万台超を確保して年度内に納入するほか、各医療機関に対する割当量などの情報を関係者間で共有できるクラウドシステムを国が構築することなどを示した。厚労省は近日中にも地方自治体に説明したい考え。

政府は現在、米英の製薬企業3社から計2億9000万回分のワクチン供給を受ける予定としている。このうち、ファイザーとモデルナのワクチンは医療機関での超低温管理が必要になることから、厚労省は「マイナス75℃の冷凍庫3000台、マイナス20℃の冷凍庫7500台を確保予定」と説明。各自治体の人口をもとに公平な割り当てにし、「年度内に医療機関に納入できるよう調整したい」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ