医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【全国薬局調査で判明】病薬連携の遅れが鮮明に-情報入手先、病院1割切る

【全国薬局調査で判明】病薬連携の遅れが鮮明に-情報入手先、病院1割切る

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月14日 AM10:15

厚生労働行政推進調査事業成果報告会「かかりつけ薬剤師・薬局の多機関・多職種との連携に関する調査研究」が11日に都内で開かれ、全国の保険薬局の情報共有に関する調査結果が、小枝伸行氏(八尾市立病院事務局参事)から報告された。患者の病名やアレルギー・副作用歴の入手経路については、病院薬剤師からが1割を下回ったほか、病院薬剤師の記録等を把握できていない薬局が約8割を占めたことから、小枝氏は「病院と薬局の連携ができていない状況が見てとれる」と指摘。病院と薬局による協力関係の構築が遅れている現状が明らかになった。

調査結果を報告する小枝氏

調査は、患者一人ひとりの状況に的確に対応することを目的としたチーム医療の推進が進む中、薬局による医療機関や地域の多職種との情報共有の現状を把握するため、2018年末に全国の保険薬局1927軒を対象に実施したもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ニザチジン、全品目で基準下回る-製販業者の分析結果公表
  • 【八尾市立病院】フォーミュラリーを開始-PPI注射剤、インフル薬で
  • 米ジョンソン・エンド・ジョンソン、新型肺炎ワクチン供給へ-来年初頭、緊急用10億回分
  • 【日医】横倉会長が「医療危機的状況」を宣言-新型肺炎、医療崩壊に懸念
  • 【日医】釜萢常任理事「緊急事態宣言の発出を」-爆発的感染前に対応要求